過去に使った即日融資で利息の過払いが不安になったら相談を

即日融資のサービスは消費者金融の商品の場合、平成18年に法律の改正がありました。一部の会社で法定金利以上の請求を行っていたことなどが問題になったからだそうです。そこで、過去に消費者金融などで即日融資や別のキャッシングローンを使っていて、利息を支払ったが、過払いをしていないか、と不安になっている人もいるそうです。


即日融資の明細がなくても請求可能

利息の過払いがあったかもしれないという場合で、返金の対象となるのは、完済から10年以内の人となります。しかし何年も前で利用明細も手元には残っていないという場合は、会社に利用明細の開示を求めることが可能なのだそうです。この請求は誰でもできる権利で、会社には拒否権などもないそうですが、個人で行うよりは司法書士などの専門家を間に挟む方がスムーズという声もあります。


信用情報には残らない情報

信用情報では、過払い請求を行った人の情報なども管理していたそうですが、過払い請求を行ったことで次の融資を利用できないのではないか?と不安になり、請求を行わないという人も一定数いることが判明し、今では過払い請求を行ったというデータはすべて削除されているそうです。今後も請求の履歴は残らないので、請求を行う上で今後のローン商品で審査が不便になるということもありません。